バイオ茶の宮崎上水園|ブログ

宮崎上水園

バイオ茶の上水園ブログ|ブログ

2017.11.17 | バイオ茶のこと

冬のバイオ茶の楽しみ方

 

 

 

あたたかいお茶が恋しい時期になりました。

先日のササヤマルシェでも焙煎茶が人気で、

苦味がない、すっきりしていると好評でした。

 

上水園の焙煎茶は、超高温の300℃で焙煎しているため、

苦味やえぐみのない、後口すっきりの美味しさが特長です。

煮出す手間もいらず、お湯を注ぐだけでおいしく淹れられます。

写真のように卓上ポットにティーパックを入れておけば、

いつでも楽しめるのでおすすめです。

苦味が出ないので、途中で引き上げなくても大丈夫ですよ。

 

>ほうじ茶

http://kamimizuen.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2249943&csid=0

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、everydayシリーズの温茶。

お湯を注いでいただく、あたたかい緑茶です。

一番茶を中心にブレンドしておりますので、

お茶の甘みをより感じていただけます。

カップで手軽に淹れられるように、everyday温茶はひも付きです。

オフィスでもアウトドアでもぜひ緑茶をお楽しみください。

 

>お湯出し茶

http://kamimizuen.shop-pro.jp/?mode=cate&csid=0&cbid=2249942

 

 

 

 

 

 

 

 

バイオ茶の茶葉をまるごとパウダーにした微粉末茶「颯々」。

夏は、お水とシェイクして楽しんでもらう方法をおすすめしていますが、

もちろん!お湯でお抹茶のように点てていただいても!

茶筅がない方は、お水とシェイクした颯々を

レンジであたためるのもおすすめですよ。

ミルクや豆乳と合わせてお茶ラテにしたり、

先日のササヤマルシェでお選びくださったお客様は、

甘酒とあわせておいしかった!と教えてくださいました。

スティックタイプなので、使いたい時にサッと取り出せて

お料理にお菓子づくりにアレンジが広がります。

 

>微粉末茶

http://kamimizuen.shop-pro.jp/?mode=cate&csid=0&cbid=2249944

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家では、冬でもかかせない水出し茶。

子供たちの水筒に、運動中に、食事中に、一年中出番の多いお茶です。

ときには、いつも冷蔵庫につくっている水出し茶を

温かいお茶にしちゃいます。

飲みたい分だけカップにいれて、湯煎またはレンジでチン!

 

以前、NHK「ためしてガッテン」でも取り上げられた

お茶に含まれる、免疫力をアップする成分エピガロカテキンも

水出しにすることによって効果を発揮するといわれています。

これは、お湯で淹れるのではなく、水出ししたお茶を温めるのがポイント!

沸騰させないで人肌程度の温かさでどうぞ。

 

>水出し茶

http://kamimizuen.shop-pro.jp/?mode=cate&csid=0&cbid=2249941

 

 

 

 

 

 

 

上水園のお茶はすべて自家茶園で栽培した茶葉100%。
農薬や化学肥料は一切使わず、

太陽の光、水といった自然のエネルギーを最大限に生かした

お茶づくりを続けています。

丹精込めて育てた茶葉は、加工法やブレンドにより、

風味や味わいに特長が生まれます。

ぜひ、いろいろとお試しいただき、

みなさんの日々のお茶として楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

そして、この冬はまた新しいお茶のご紹介ができるかも!?

どうぞお楽しみに!

 

 

 

comments(0) | 管理人

コメント
コメントする








SELECTED ENTRIES

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

ARCHIVES